「デュプロメイト(指導医)」による信頼のインプラント

ディプロメイト(指導医)は、ICOI(国際口腔インプラント学会)の中でも特に技術を認められたインプラント医にのみ与えられる栄誉ある最高認定位です。 当学院長はこの資格を高知で最も早く取得しております。 この資格により認められた技術を活かし、ますます安全で正確な治療を皆さまにお届けできるよう心がけて参ります。

インプラントに関して施術させていただいた多くの患者さまより、たくさんの感謝のお言葉をいただいております。 また、評判をきいてご来院される方も多数おいでくださり、当院の考えるインプラント治療にご賛同いただける方が日々増えて行くのを肌で感じております。 当院が評価を頂いている理由は、私たちが最も気をつけ向上しようと頑張っていることに際する評価だと、私たちは大変光栄に嬉しく思っております。

院長、濵田正人
初めてお越しの方へ 院長の思い

私は日頃、非常に悲しく思うこと、それは
「歯医者っていうのは痛くなったら行くものだ」「年を取ったら、歯は悪くなるのが当たり前」 「毎日、きちんと歯ブラシしていたら歯は悪くならないんでしょう?」 このようにおっしゃる方がたくさん居られるということです。
何が悲しいかというと、歯が悪くなってから来ていただいても、治療することしかできないからです。
治療するということは歯を削るということだからです。

歯は削ったら二度と元に戻らない、治療しても治らない

歯は他の体の組織と異なり、自浄作用(自分で良くなる能力)無く、悪くなったらその部分を削り落として人工物で補うしかありません。 人工物で補うと目に見えない小さな凸凹ができ、そこに細菌がたまりやすくなったり、凸凹のすき間から細菌が入り込んだりしてしまいます。 また、治療が神経まで到達してしまった歯は神経がある歯に比べて、残存年数が飛躍的に短くなり、 何か強い衝撃が加わったり、硬いものを噛んだ拍子に歯が割れてしまう、折れてしまうとしまうこともあります。 悪くなってしまった歯は治すということが出来ず「機能を回復させる」ということしか出来ません。

虫歯が全てではありません

また、歯が抜ける原因の多くに歯周病があります。 歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられおり、この歯槽骨が溶けてしまい歯が支えを失って抜けてしまう病気が歯周病です。 歯の表面であれば悪いところを削ってつめて、かぶせ物をすることで補うことができますが、歯茎の下にある歯槽骨を削って詰めることはできません。 そして溶けてしまった歯槽骨は元には戻せません(再生療法以外では)。 歯周病も進行を食い止めることはできるのですが、治すことは出来ません。
しかも、恐ろしいことに歯周病は痛みが無く進行します。

CURE(治療)からCARE(お手入れ・予防)へ

ソフィアデンタルクリニックの本当の治療は、治療が終わって歯の大切さに気付いたところから始まります。
本来、歯科医院はあなたの大切な歯をむし歯や歯周病から守るところ。 皆様が一生涯、自分の歯を持ち続けるためには歯科医院の定期的なメンテナンスが必要なのです。 「磨いているのに、なぜ?」「今まで、何度も歯周病治療したのに改善がないのは、なぜ?」 『なぜ、こうなったのか』ということを理解していただかなければ、前向きに治療に応じていただくことはできません。 『一生自分の歯で食事を楽しみたい』そう本気で考えてくださる方には最良の歯科医院です。


PAGE
TOP