小児歯科

歯医者への苦手意識を克服しましょう

お口をあける訓練からはじめましょう

はじめての歯医者でお口をあけるのはとても大変。毎日の歯磨きで、お口をあけることに慣れてもらいましょう。

行く前に心の準備を

いきなり「歯医者に行く」と言われると、必要以上の恐怖を感じます。 数日前から虫歯のこと、歯医者の大切さを教えてあげましょう。

嘘をつかない

「行くだけ」「診てもらうだけ」と言って嘘をついて行くとお子さんは騙されたと思い、歯医者が嫌いになります。

マイナスイメージを与えない

普段の生活で「歯医者に連れていくよ」などと叱ってはいけません。「歯医者さんは悪いことをしたら行くところ」のように思われてしまいます。

治療後はしっかりほめる

お子さんが治療から戻ったら褒めてあげましょう。泣いてしまっても「できたこと」を見つけてあげましょう。

虫歯になりやすいケース

  • お口の中に虫歯菌が存在する
  • 虫歯菌の数が多い
  • 歯質が弱い
  • だ液の分泌量が少ない
  • 間食などで食べ物をダラダラ食べて、口の中に食べ物がある時間が長い
  • 食後の歯磨きや口ゆすぎなど、お口をきれいにする習慣がない

家庭内感染防止のために

虫歯菌は、日々の生活の中でだ液を介して周囲の人から感染します。

ご家族の誰からでも感染するので全員で虫歯予防に取り組む必要があります。

  • 食べ物の口移しは×
  • 子ども専用の食器を用意して、食器を共有しない
  • 子どもの口や手にだ液がつかないよう気をつける
  • 家族みんなのお口の中から虫歯菌を減らしましょう

治療・予防法